新・木曽三川ローカル鱸師的一魚一会

漆黒の闇に身を潜め、唸る剛竿、風を斬る!今宵も月が呼んでるぜっ・・・。ローカル魂炸裂!お呼びとあらば即参上!! TEAM「The.Spring.Tide」公式ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
う~ん???


今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします(^^)。


って今年を終わるってのもなぁ。。。


自分らしく生きますか(^^)


年末大晦日のテーマはこれだ!!


波動~♪

波を動かす力なのか??

大好きZEALな僕は水を押す話しにはうるさいw

物理の実験や論文を読み漁ってた時期もあったが頭が痛くなるので止めますw


ようは津波も波動だし、水たまりに小石を投げ込んでも波動を作りだすことができる。

ルアーが水中、もしくは水面で出す水をかき回す力を何らかの形で魚が感知してルアーの存在を感知する。


ファットタイプのクランクベイトなんかはブリブリ動くので、そらぁもうかき回す(^^)

シンキングペンシルなんかは水を受け流しながら動くので波動は小さい分類であろうと思う。


当たり前のようにバスの世界では「波動」という単語が出てくる、このルアーの波動は強い!とか弱い!だけじゃなく実際に実験施設まで用意して本格的にルアーの波動実験を行っている。

たった一個のルアーにそこまでして実験しているのだから凄いことだよね(^^)


当たり前だけどバスプロと呼ばれる方達は釣りの技術がある。

その方達の釣り方に僕がちょっと違うんじゃないの~?とか、いや、そのシチュエーションにそのルアーはちょっとな?こっちの方がいいんじゃないの?なんて言えないけど思うだけは自由なので勝手にいじくりはするけど正解は魚に訊け!が僕の持論♪



ということで、メバル狙いにいつもの四日市周辺に出撃!

現場に到着すると・・・すんご~いアングラーの数・・・

この中で釣り勝つにはな???

と考えながら笹岡氏と約50mはなれて釣り開始♪


う~ん、渋い。。。バイトがほとんど無い。。。


スレているのか?


これだけのアングラーが入れ替わりで入ってたらメバルもスレるやろう?


よし、スクテーよりも細身でよりベイトライクな波動を出すであろうチビワームに変更。。。

う~ん。バイトが無い。。。

今度はよりアピールするファット系のワームに変更するがバイトが無い。

レンジか?

底付近をスローに探るとバイトがでるが・・・

ムラソイ

005.jpg


違うでしょっ(^^)  君じゃないの・・・

う~ん。。。探り歩くがメバルが居ない。。。  

プルルルッ♪プルルルッ♪

笹岡君。どう?釣れてる?

う~ん。。。30匹ほど

・・・・・

そっち行くから(^^)

なんのワーム使ってるの?

あっ、僕と一緒。

後ろついて行くから獲りこぼし頂きますw

おかしいな??バイトが出ないぞ??同じワームなのに・・・?

カラーじゃないの??

笹岡君~♪ワームおくれ♪

おぉー釣れる♪釣れるぞ~♪

007.jpg



笹岡氏も普通に20オーバー

003.jpg



ここはあえて同じような色のバルキーなワームに変更して探ってみたが全く駄目。。。

じゃぁ、細身の同じような色に変更するとバイト続出!

ほんの数ミリの差がワームの出す波動を変えているのだと思う。

勿論、カラーもとても大事だと思うけど。

そんな感じで夜も更け沢山のメバルと遊びました(^^)。


そうそう、今回のロッドはチューブラー。

メジャークラフト  AIROCK  T822M

なんで8.2ftもいるの?  場所と釣り方に合わせているから(^^)

チューブラーだと、ソリッドティップでワームを飲みこまれる事があったけど今度は浅掛かりが多発!意識的に合わせを調整しないとバレやすい気が・・・?


来年はチューブラーとソリッドティップの良いところを模索していこうと思ってます。


今年の大晦日は雪が降るとの気象予報。

毎年の行事「釣り収め」は大晦日の夜に四日市周辺超~有名漁港で豚汁すすりながら花火見て過ごすんだけど、今年は無理かな。。。?

ということで、30日の午後、自宅から意外と近いサンクチュアリに遊びに行ってきました(^^)

012.jpg




受付で午後券を購入してスタッフに状況を御聞きすると時釣10匹だそうです♪

管釣りだけに魚は確実に居る!

よっしゃ~。腕を磨くにはもってこいのステージ!

結構アングラーも来てるのでキャストのスキルがないとオマツリしてしまうので緊張感がワンキャストごとにあるが・・・

午後からということで、魚はスレてる・・・

カラシ系から探るけど時釣10匹には程遠いというか釣れない・・・

時折、ラインに出るバイトで合すがフッキングしてもすぐバレる・・・

カラーを変えてダークオリーブで探るとバイトが先ず先ず出る。

う~ん。。。と悩んでいたら放流しますよ~♪の甘い言葉が(^^)

移動しようとすると他のアングラー達に走って追い抜かれた・・・

あららら・・・仕方なしにその反対側に歩いて一等地ポイントがガラ空きにw陣取る。

ポツポツ釣れるが放流場所のお祭り騒ぎには程遠い。

そのうち雪も降り出してきて激寒・・・

028.jpg


が!しかし!!雪に鱒たちがライズしだして活性が上がる(^^)

チャ~ンス♪

スプーンだろうがプラグだろうがバイト頻発♪




新たなパターン発見♪ 雪パターンwww


スプーンで頻発する落ちパク。。。小型のトップウォータープラグを持っていたらもう少し楽にバイトを掛けれたかも知れない。


そんな事を考えつつ爆釣りを楽しんでるとドカ雪が降ってきたw

030.jpg



充分楽しんで終了~♪


今年のラストフィッシュはトラウトで〆ても良いなぁ(^^)


って、帰り道がヤバい・・・駐車場に行くと・・・積もってるやん!!


道も積もってるし・・・。スタッドレスいるっちゅーねん!!







使用タックル

ROD   ダイワ プレッソ58XUL-SVF

REEL  ダイワ NEW ルビアス2004

LINE   ダイワ プレッソ  2.5lb

LURE  ロデオクラフト ノア、フォレスト パル、ミュウ etc


因みにこのロッド・プレッソ58XUL-SVF  サイトフィッシングに特化されたトンガリ系。

オールソリッドで粘りがあるのに感度も良い。  サイトに拘らなくても充分に威力を発揮してくれる。

ソリッドパワースリム・・・バスでもお世話になってます。  トラウトでもお世話になります。






今年は本当に激動の年でした。

人生の転機といいますか生活自体が変わり釣りに行くのも制限されましたが楽しんで毎日過ごしてます。

来年も沢山の魚たちやアングラーの方達との一魚一会・一期一会に期待して新年を迎えようと思います。   


来年も新・木曽三川ローカルスピリット炸裂ブログに良かったら遊びに来て下さいね(^^)



全てのアングラーへ 

来年も良い魚達と出会えますように~♪



今日もどこかで・・・       水間。





追記 


雪が降りそうもないのでサクッと釣り収めに行ってきました(^^)

ルールは極シンプル。

釣りを開始して一番最初に釣れた魚が本年度、最後の一匹。
 
風が向かい風で釣り辛いが・・・   おっ、当たった!

たるんだラインがピクっと♪   中々の引きで本年度ラストを飾ってくれる魚は・・・


045.jpg



クロソイでした~♪

1投で釣り収め終了~♪  


終わり良ければ全て良し(^^)♪           




















  




スポンサーサイト
                      ソリッドティップ



メバルフィッシングには最早、必要不可欠。


芯まで炭素繊維が詰まってるので先重りはするが、バイトを弾かずに乗せる事が出来る。

確かに今までソリッドティップの恩恵には大変助けられてはいるが・・・



ソリッド大好き~♪  な水間です。


ダイワ ハートランドZ・とても自分に合うロッド。ソリッドパワースリムを好んで使用して沢山の魚達と出会いやはりソリッドは良いな~と♡ 

ダイコー コブレッティーもソリッドの名作♪  とても助かりました!

勿論、忘れてはいけないのがエバーグリーンのソリッドエアリアル!!

これは凄い!

実際に使用して得られた経験から言うとソリッドはバイトを乗せやすい!!と自己完結

ここまで読んで「あれ?おかしいなぁ・・・」と思った方・・・鋭い!!!

この三本・・・ソリッドティップじゃなくてオールソリッド!

バッドからティップまで炭素繊維が詰まってる。  ロッドの重さが半端なく重たくなるが、そこは各メーカーの腕の見せ所。

ぱっと見は  極細  まるでトラウトロッド。

でも芯まで詰まってるので粘りが凄い!  しかも張りがある。

この極端なカリカリチューンなみにトンガッた性能で獲れる魚は確実に増えた。

じゃあ、ティップ部分だけソリッドで後はチューブラーなコンポジットなロッドの意味はと考えると、乗りを重視して尚且つ感度及び軽さを求めた結果なのか???

僕が使用しているメジャークラフト エアライツ722SL    実際に曲げてみると「イカダ竿」見たいなベンドカーブを描く。

各部分が性能を出してこの曲がりになるが・・・

何か引っかかる。  

過去の記事で掛けて獲るコンセプトをうたってるだけに実際に感度はどうなんだ??性能を活かしきれてるのか??

と。  そう考えたら寝られない(^^)


さぁ、実験の開始♪


ここは超有名な場所♪  なんと北方マス釣り場w

レギュレーションの関係で家からそこそこの距離の大安トラウトレイクやサンクチュアリは無理なのでw


なんと、メバルロッドでトラウトを釣る実験www

事前情報では釣れてますよ~♪
との事。  新聞にも100匹♪なんて書いてある(^^)

これは実験にもってこい♪  事前に木曽川漁協さんにも了解を得ると快い回答(^^)


さぁ、スタートです。  8時からだけど、渋滞のせいで開始が9時過ぎから・・・

水質はクリアーだが、時折、風で水中が見えないし水深のある場所では魚も確認し辛い。

使用ロッドはいつものメバルタックル   エアライツ722SLにレブロス1500.ラインはフロロナイロン2ポンド。

とりあえずスプーンでもと良く管釣りでお世話になってるフォレストのパルで攻めるが追尾してくるだけでバイトまで至らない。

なんやこれ・・・事前情報とえらい違いやなぁ???

状況をよく見ると・・・水があまり動いてない。。。トラウト達は一定の方向ではなく自由に泳ぎまわっている。

極小スプーンなら何とかバイトを得られると思うが、生憎1.4gまでしか落とせない・・・

そう考えていると実験協力者 笹岡氏が掛けた!

が・・・ここでこの魚釣るにはよっぽどのテクがいるのではないのか(^^)

088.jpg


魚が違うって~(^^)

彼はフライマンでもある。 しかもトラウトは得意分野。

この状況ではやはりスプーンでは厳しい。

っていうか、最初からスプーンを使う実験じゃないしw


メバルフィッシングで使用しているプラグ類やメタルジグの挙動をクリアーな水質で見たいし、何よりソリッドテップの挙動を明るい日差しの中で目視しながら水中のバイト時とのタイムラグ及び感度を知りたいのと、竿の限界も試したいのが試み。 


メバル用シンペンである動きをさせると途端にバイトが出る。  笹岡氏談。

106.jpg


確かにである。

まわりのアングラーの方々はスプーンではバイトが極端に少ない。。。っていうか釣れてない。

僕もシンペン(RHパール)でポツポツ釣れるがバイトが少ない。

トラウトルアーだけどメバルにも使えるXスティックも試すがバイト無し!

ここで分かったのがタダ引きでは追尾するだけ。

見てる限り放流も無いので居残りマス多数だし。

リアクションで誘わないとバイトが出ない。

ルアーチェンジ。  ぐるぐるXのとある動かし方に凄く反応がいい♪

103.jpg


105.jpg



笹岡氏も極小メタルジグでとある動かし方でバイト連発!!

092.jpg

091.jpg


相変わらずにまわりのアングラーは反応が薄いか極端に釣れているかの2通り

日も高くなり益々状況は悪化

でも、とある動かし方をするとポツリポツリではあるがバイトが出る。

このような状況が続いたが、夕方も迫りバイト数が増えてきた。

124.jpg


しかし・・・しかしである。  やっとバイトが出した夕方4時・・・終了の合図が・・・

こっ、これからなのに・・・

い、いかん冷静に判断せねば(^^)

この実験で分かった事は・・・

実際に日の下でソリッドティップの挙動を見ると、バイトがあっても手先に伝わらないうちにティップが入ってることが良く分かった。

手の反射神経や感度には自信があっただけに・・・めちゃめちゃショック

これはうす暗い常夜灯の下や暗いテトラ帯、真っ暗闇な小磯ではバイトがわからないよ・・・

掛けて獲るコンセプトだとソリッドティップでバイトがロッドに出てからでは遅いと思われるが・・・

でも、チューブラーではバイトを弾いてしまっているのかも知れない。。。

考えた結果ソリッドティップで軽く乗せといてバイトがロッドに伝わってから掛けにいっても遅合わせにはならないと結論。。。

だがこれで納得できるとは思えない。  チューブラーの感度は?勿論、ロッドのテーパーや、コンセプトでも違ってくるし・・・

またまた先の見えない迷宮にはまってしまったw


あと、2ポンドラインは障害物が無ければ意外と切れないのが良く分かった。

わざとドラグもしめ気味にしてソリッドティップの恩恵を受ける実験もしてみたが、流石ソリッド♪難なく曲がりきってくれた。

098.jpg



しかし若干の不安がないわけでも・・・継ぎ目の問題。  オールソリッドだと継ぎ目がないから全体で魚の突然の引きを受け止めてくれるがソリッドティップだと如何しても継ぎ目がある。

余程、安物のロッドでもない限り大丈夫だと思うが・・・(以前、お遊びで安物ロッドを購入して改造。自分好みに仕上げて使用してたら継ぎ目が裂けた)


ソリッドティップはオートマティックな感じもするが、やはり使い手しだいでマニュアルにもなる。
面白い存在。 

今度はチューブラーも試してみるか(^^)。。。

この実験で懐の広い北方マス釣り場に感謝♪

あっ、でもでもワームの使用は駄目ですよ(^^)

勿論、ファミリーにも優しいです。

121.jpg



でも、もう少し放流量を増やしていただければ・・・(^^)



肝心の釣れるとあるメソッドは・・・これを言ったら面白くないので(^^)


ヒントは数十匹釣ったなかで、レインボーは5匹。後はすべてイワナ系でした。


これで分かるかな?(^^)



それはさておき北方マス釣り場。。。
ひじょうにテクニカル。

周りのアングラーを見ていると、極端に釣っている方と全く釣れない方の両極端で、ポツポツ釣れてるアングラーがあまり見受けられなかった。

日が高くなるとバイトは出辛くなるが、インジケーター付きのフライマンさん達は爆ってる(^^)

あと、飛ばしウキ仕掛けにニンフ系を付けてた方達も爆。

楽しい1日でした(^^)

また来よっと~♪




皆さんは「色」についてどう考えていますか?

どんな色のルアーでも釣れるよ!っていう意見も、いやっ、このカラーが一番釣れるぜっ!!っていう意見も当然あると思います。


僕的には・・・絶~対に色は釣果に関係すると思います(^^)


はいっ、こんばんは。水間です。


何故か?魚に色が見えてんの?・・・魚に訊いたの?・・・そこんとこはっきりと・・・


あくまでも推測の範囲の個人的な偏った見解ですが何が何でも見えてるよっ!と思ってます(^^)


凄い学者さんがどれだけ色について研究しても最終的には「魚に訊いたの?」と思ってしまう僕ですが、何故、色が見えてると信じてるのか。。。


その答えは単純明快(^^)

魚の目が色を認識出来てなかったら保護色や擬態なんてものは必要ないじゃないか!

っていう根拠だけです。



下から捕食されないように白っぽい腹の色。。。

上から見つかり辛いように青っぽい色。。。


もし、色が認識出来てなかったらイワシがでもええやん♪


でも捕食魚に見つかり辛い色をしているのは何故か?


見えてんじゃん~♪

と単純にですが強く思っているからです。


じゃぁ、アマゾンの熱帯魚は何故カラフルなの?と訊かれたら・・・


           しらん・・・魚に訊いてくれ   


としか答えようがないけどwww


そんな事を考えつつ、休日の激戦区・・・わりと近い漁港に立つ。


もう・・・人人人人人人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんな中で色の検証が出来るのか??誰一人として釣れてないが・・・


まぁ、激戦区というのは実績があるからで少なくとも魚は居ると思うし。。。


こうなるとフィネスな戦いになるのは確実。


この港は彦根港よりは断然ましだけどね♪


常夜灯がついてるからノーグローが一番釣れると個人的には思うんやけど・・・

水深は約2メートルここで0.75のジグヘッドにスクリューテール1.5インチで攻めることにした。

あくまでもメバル狙いではない

底物狙いである


意外と難しいレンジコントロールなにせ0.75ジグヘッドに水深2メートル。。。しかも横風。。。


常夜灯の強みはラインが見える事。手始めにノーグローから探る。。。バイト数が物凄い!!

あっという間に二桁。

007.jpg



激戦区にはやはり魚は濃いね


次は常夜灯の常備品・・・透明系で・・・


激釣れ~♪

014.jpg



これは釣れすぎです。。。


じゃぁ、明るいところではイマイチ信用度の少ないパールで・・・しかもグロー。。。


ポイっと♪   ガツガツガツ!!!


めっちゃ釣れるやん~!!!




わからん・・・何でも釣れるやん・・・


色の迷宮恐るべし・・・


答えはやはり魚に訊くべきだね・・・


訊いたらこの結果だけど(^^)  


まぁ、釣れたから良いや♪


これからのシーズン。釣り物が少ないだけに貴重な存在の根魚。。。


しんしんと降る小雪の中で釣るのも風情が出ますよ(^^)


勿論、ファミリーでも楽しめます♪

011.jpg




ターゲットも色々。。。クロソイも釣れます。

016_20071224000424.jpg





これからの時期は寒いですが根魚が熱いです


皆さんも如何ですか(^^)





















この前、ブログが復活して懐かしい釣友からも連絡を頂きました。

相変わらず理論的に釣り場に立ってるねwと言われたけど(^^)


僕がいつも釣り場に向かう時の心の中は・・・皆さんと同じです♪


僕を釣り場に向かわせる心は・・・


なんか釣れそうな気がする♪


これです(^^)
寒いっす~。

皆さん熱い釣りしてますか?   水間です。

この時期、僕的に熱くなるのが根魚ゲーム。

小潮&ド干潮&激風の中・・・行ってまいりました。


まぁ、いつもの近場フィールド四日市周辺ですが(^^)


現場到着して状況確認。。。水は濁ってて風波も有り・・・水位は・・・


帰るか?無理だろ。。。


と思ったが、試したいことがあったので強行。


メバルゲームの間に時折まじる良型カサゴ。 これを確信犯的に狙うという試み。


ここ最近の傾向で言えることは。


①バルキーなワームだとバイトが少ない。

②垂直フォール中よりもカーブフォール中の方が格段にバイト量が多い。

③沖の沈み根より手前のストラクチャーに魚が多い。



まあ、こんなところだが。


考えた結果。ジグヘッド1gの太軸フックでワイドゲイプ+ストローテール1.5インチ

フロロ2.5ポンドの組み合わせ。

キモはスクリューテール1.5インチではないというところ。

サターン3インチではバルキー。スクリューではアピール不足。


さぁ、実釣開始。  開始早々にムラソイやカサゴが釣れる。
まぁ、当り前か。底物狙いだから。

だけどバイト数が極端に少ない。  干潮で手前ストラクチャーに居付いてないのが原因か?




仕方ないので、実験は一先ず延期。

さぁ、メバルゲーム開始。


タテスト絡みで左から潮が緩く当たってる。


0.75ジグヘッド+スクリューテール1.5インチ。フロロ2.5ポンド。


ロッドは7.2ftソリッドティップ。


笹岡氏とタテストを挟んで釣り座を構える。


基本、僕のメバルの釣り方はミドストやフワ。同じだけど言い方が違うようにしか思えないけど(^^)


これは笹岡氏も同じ。 

ジグヘッドとワームのバランスとラインの種類。ポンド数。

そしてラインスラッグがキモとなる。


それを踏まえて本題。


メバルは向こう合わせなのか???


ソリッドティップでフロロ2.5に細軸フック。

いくら刺さりの良いフックでもメバルの重量(水中での水の抵抗も考えて)向こう合わせで巻いてきても水面付近でバイトがでるのですぐバレる。

重いものにフックをあててスイープに引くと深く刺さるけど軽いものにフックをあてて引いてみるとフックの先でそのもの自体を引いてしまう。


これと同じような現象が水中で起こっているのではないのか?


メバルのバイトは様々。  


コンっやいきなりブルブル。


一番厄介なのが追従型でワームをついばんで重みが少しだけ乗るタイプ。


昔、ローランドマーチンがビッグサイズのダブルウィローリーフのスピナベを流行らした頃、琵琶湖でガンガン投げて沢山釣れたけど「ブルンブルン」してる感触が、ふとリズムが崩れる一瞬の刹那と良く似ている。


で、そのバイト時にフックの先端があごに乗っている感触が伝わったままソリッドティップが曲がりきる位までスイープに合わせてから本合わせに移行する「掛けていく攻めのメバル釣り」

というのを実践。

なかなか面白い(^^)。  極端にバレが少ないし、何より面白い♪

コンッやブルブルはバレやすい傾向にあるけど「乗る」タイプのバイトは面白いように掛かる。


こうなってくると、コンッやブルブルも掛けていきたくなる(^^)

状況は相変わらずに左からの流れ+タテスト


メバルに限らず流れの中の魚の頭の向きを考えるのは基本。


回転ずしでカウンターじゃなくてテーブルについたときの話し。

2人ないし4人で向かい合わせの席に座るとどちらかが寿司を追う側と受ける側になる。

どちらがより寿司を発見し易くて取り易いか?を考えれば同じだと思う。


話しをもどして(^^)

左から流れが当たってるということは海に正面を向いて魚の頭は左向きになっている。

乗るバイトは真後ろから追従して咥えてると解釈し、コンッやブルブルは側面からのバイトで反転や咥え直しからくるバイトとして解釈すると。。。

掛けるのは非常に難しい。。。

こうなると攻めていく掛けのスタイルで考えれるのは。


で、実験(^^)


うへへへっ~(^^)


めっちゃ掛かるやん~♪


そんなこんなで爆釣りでした♪



20アップも交じってウハウハ♪

031.jpg




勿論、プラグでも釣れ盛ってます(^^)

プラグでゲット



たのすぃ~


めっちゃ楽しすぎる(^^)

寒いのも忘れて夢中やし♪


あっ、肝心のカサゴも釣れてます。

009.jpg



そんな頭の中で釣れたメバル&カサゴでした♪

























で、コンッやブルブルの掛けてくキモだったのは・・・

あまり教えたくはないが(^^)

上向きフックや下向きフックはあるよね。

左から咥えてるんだから上向き右斜め45度?にフックを寝かせたジグヘッドを急遽製作(^^)


掛かりが格段に良くなりました(^^)

試してみてみて♪  で、もっと良い方法がありましたら・・・こっそりと教えてくださいね♪
お願いします(^^)




もし。もし貴方が「全長1メートル50センチ」のマルスズキを釣りあげてしまったら。。。

如何しますか???

シーバスの限界までいったから、もう鱸釣り止めた~!ってなるのか。

1メートル50.1センチのマルスズキを目指すのか。

僕は勿論、後者ですよ(^^)

例え、ボラ1万匹の中に居るであろう1匹の鱸を何とかして口を使わせようとするのが、僕のスタイルです!



皆さん、お久しぶりの方もお初の方もお元気ですか?水間です。


ブログを引っ越ししての復活ですが、以前のブログスタイルと何ら変わりはないですが、更新ペースを少し落とそうかと思っています。
内容を厚く・・・いや、熱く!する為にも。


さぁ、引っ越ししてブログ再開!   第一弾の記念すべき魚種は!!!


君に決定~♪


                      イケガツオ



死滅回遊魚のイケちゃん。  今年は沢山居ます(^^)

背中を水面に出しながらのチェイス!たまりませんw

015.jpg



メッキ狙いで釣友、笹岡氏と釣行。

笹岡氏の操るクリスタルポッパーにドカンっとメッキがバイト!!

ロッドがバットからブチ曲がる!!。真下に突っ込んでるのが水質がクリアーなのでまるわかり!!

楽しそうやんけ~!

上がってきたのは良型のメッキ♪

その後も狙うが日も暮れて終了!  次の日もメッキ狙いで夕マズメを狙うが、イケちゃんばかりw。

良し!こうなったらターゲット変更~♪

トップも良し♪  メタルも良し♪

超ハイスピードリトリーブで数匹チェイス→ドカンっとバイト!!

楽のすぃ~♪。やっぱり釣りは楽しくないとねw

032.jpg



ここのところ、こんな感じで遊んでます。


他にはヒイカや。。。


035.jpg



カサゴなども遊んでくれます。

049.jpg



ブログ再開。第一回目はこんな感じで(^^)








少し独り言。。。

以前のブログ。木曽三川ローカル鱸師的一魚一会を何故?止めてしまったのか。

まわりから色んな声が届いてきました。

2ちゃんで叩かれたから?とか、病気説まででたりして(笑)

「2ちゃん」ごときでビビるくらいなら顔出し何かしないっちゅ~の(^^)


まぁ、プライベートでも色々とあり状況が変わったのも要因の一つでもあるけど。。。

純粋に釣りが楽しめない状況だったのは紛れもない事実!!


新ブログ第一弾記事に書こうか本当に迷ったけど気持ちを新たにするためにも書きますか。。。

ここからは物語形式でいきます



とある釣り侍が当時ホームとしていた木曽が不調で足しげく名古屋港に通っていた頃・・・

ぽつりぽつりと同じ志を持つ同志が集まりそのうちに3つのグループが一つになり楽しく釣りが出来ていました。

ただ、釣り人というのは如何して前に出たがるのだろう。。。

1人の有名な釣り侍だと思ってて少なからず尊敬していた方と約束事をして釣り場に案内したところ、見事に裏切られてとんでもない羽目にあってしまった2人の釣り侍。


この、平然と裏切り行為を繰り返す釣り侍改め自分勝手男

事が明るみに出る前に、私はこの2人のせいで仲間を抜けますと、仲間うちに一斉メール。

訳の分からない皆は「アイツら何かやりやがったな!!」

と一斉にバッシングメールが・・・

取り合えず「集まろう」となり話し合ったのだが・・・

この自分勝手男めちゃくちゃ嘘つき(笑)


水かけ論になるので大人な2人の釣り侍は自分たちから身を引いた形にはなっているが・・・

釣りをしてても楽しくない日々が続いた。。。

だが、事あるごとに自分勝手男の横暴が続いたため、熱血漢釣り侍が立ちあがった!!


自分勝手男事務所に乗り込んでいって「如何いう事だ!説明しろ!」と激怒!!


自分勝手男の口癖のように言うのが。。。俺の親友には極道が居るからな!!と。。。



まるで脅しである。


実際に僕自身も直接本人から言われてるしてるし、熱血漢釣り侍も言われてるが・・・そんなのかんけ~ね~♪

である(^^)


この熱血漢釣り侍。喧嘩上等。いつでも事務所乗り込んでいったるがや~!と(笑)

ふだんは滅多に怒ることのない男をここまで怒らせる自分勝手男の存在は釣りが嫌になるほどの存在。。。

今でもあの時の事は鮮明に思い出す事が出来る。

もう、あの極道おっさんの事は如何でも良い存在なのだが・・・

メーカーの方達や雑誌各社の方達に強く言いたいのです。


もう少し厳選して採用してほしいのですが・・・



まぁ、あるメーカーにはとっくに切られてるけど(笑)


今思うのが他の地域のアングラーの方達に迷惑だけはかけてほしくないと思う。


なんてったって、内情を知らないアングラーは今でも繋がりがあると思うし、一緒に写真写ってるし。。。


いい加減にホームページの写真も削除してほしいのだが・・・


最近では、まるで、高い木に寄生する害虫みたいなもんで、地元のみならず、東の方面まで荒らしに行ってるし。


記事を拝見してたら、まるで寄生している高い木さんが踏み台になってるよ。。。これじゃぁ又、時間の問題で事が起こるぞっ!と危機感が。。。


仲間内でもようやく気付いてきたアングラーや別の人間関係に疲れてようやく私たちが助言してた意味に気付いたアングラーも出てきたが(^^)


仲間を踏み台にして。。。いや、踏み台にされた2人の釣り侍の経験からすると。


友人じゃなくて、自分勝手男こそが極道だね。

結論


しかも自分勝手男さんは過去にも同じような事をしでかしてるとか・・・

webで叩かれてるのも理由があるんだね。



そんなこんなで、釣りが嫌になった釣り侍も最近では時間を見つけては現場に足しげく通う日々。。。


あの時に近づかなければなぁ・・・と後悔するのもオッパッピーなので(^^)



        やっぱり釣りは楽しくなけりゃ駄目やね♪

さぁ、釣り侍は何処へ行く。西か東か。。。それとも明日へか。。。

あなたの血は何色ですか???

私には釣り人の血が・・・釣りに対する熱い血が以前より勢いが増して駆け巡ってます(^^)


おしまい・おしまい・・・


こんな物語はこれで最後にしたいなぁ。。。(^^)
引っ越して来ました(^^)

でもでも、まだ工事中ですw

しばしお待ちを。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。