新・木曽三川ローカル鱸師的一魚一会

漆黒の闇に身を潜め、唸る剛竿、風を斬る!今宵も月が呼んでるぜっ・・・。ローカル魂炸裂!お呼びとあらば即参上!! TEAM「The.Spring.Tide」公式ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
                      ソリッドティップ



メバルフィッシングには最早、必要不可欠。


芯まで炭素繊維が詰まってるので先重りはするが、バイトを弾かずに乗せる事が出来る。

確かに今までソリッドティップの恩恵には大変助けられてはいるが・・・



ソリッド大好き~♪  な水間です。


ダイワ ハートランドZ・とても自分に合うロッド。ソリッドパワースリムを好んで使用して沢山の魚達と出会いやはりソリッドは良いな~と♡ 

ダイコー コブレッティーもソリッドの名作♪  とても助かりました!

勿論、忘れてはいけないのがエバーグリーンのソリッドエアリアル!!

これは凄い!

実際に使用して得られた経験から言うとソリッドはバイトを乗せやすい!!と自己完結

ここまで読んで「あれ?おかしいなぁ・・・」と思った方・・・鋭い!!!

この三本・・・ソリッドティップじゃなくてオールソリッド!

バッドからティップまで炭素繊維が詰まってる。  ロッドの重さが半端なく重たくなるが、そこは各メーカーの腕の見せ所。

ぱっと見は  極細  まるでトラウトロッド。

でも芯まで詰まってるので粘りが凄い!  しかも張りがある。

この極端なカリカリチューンなみにトンガッた性能で獲れる魚は確実に増えた。

じゃあ、ティップ部分だけソリッドで後はチューブラーなコンポジットなロッドの意味はと考えると、乗りを重視して尚且つ感度及び軽さを求めた結果なのか???

僕が使用しているメジャークラフト エアライツ722SL    実際に曲げてみると「イカダ竿」見たいなベンドカーブを描く。

各部分が性能を出してこの曲がりになるが・・・

何か引っかかる。  

過去の記事で掛けて獲るコンセプトをうたってるだけに実際に感度はどうなんだ??性能を活かしきれてるのか??

と。  そう考えたら寝られない(^^)


さぁ、実験の開始♪


ここは超有名な場所♪  なんと北方マス釣り場w

レギュレーションの関係で家からそこそこの距離の大安トラウトレイクやサンクチュアリは無理なのでw


なんと、メバルロッドでトラウトを釣る実験www

事前情報では釣れてますよ~♪
との事。  新聞にも100匹♪なんて書いてある(^^)

これは実験にもってこい♪  事前に木曽川漁協さんにも了解を得ると快い回答(^^)


さぁ、スタートです。  8時からだけど、渋滞のせいで開始が9時過ぎから・・・

水質はクリアーだが、時折、風で水中が見えないし水深のある場所では魚も確認し辛い。

使用ロッドはいつものメバルタックル   エアライツ722SLにレブロス1500.ラインはフロロナイロン2ポンド。

とりあえずスプーンでもと良く管釣りでお世話になってるフォレストのパルで攻めるが追尾してくるだけでバイトまで至らない。

なんやこれ・・・事前情報とえらい違いやなぁ???

状況をよく見ると・・・水があまり動いてない。。。トラウト達は一定の方向ではなく自由に泳ぎまわっている。

極小スプーンなら何とかバイトを得られると思うが、生憎1.4gまでしか落とせない・・・

そう考えていると実験協力者 笹岡氏が掛けた!

が・・・ここでこの魚釣るにはよっぽどのテクがいるのではないのか(^^)

088.jpg


魚が違うって~(^^)

彼はフライマンでもある。 しかもトラウトは得意分野。

この状況ではやはりスプーンでは厳しい。

っていうか、最初からスプーンを使う実験じゃないしw


メバルフィッシングで使用しているプラグ類やメタルジグの挙動をクリアーな水質で見たいし、何よりソリッドテップの挙動を明るい日差しの中で目視しながら水中のバイト時とのタイムラグ及び感度を知りたいのと、竿の限界も試したいのが試み。 


メバル用シンペンである動きをさせると途端にバイトが出る。  笹岡氏談。

106.jpg


確かにである。

まわりのアングラーの方々はスプーンではバイトが極端に少ない。。。っていうか釣れてない。

僕もシンペン(RHパール)でポツポツ釣れるがバイトが少ない。

トラウトルアーだけどメバルにも使えるXスティックも試すがバイト無し!

ここで分かったのがタダ引きでは追尾するだけ。

見てる限り放流も無いので居残りマス多数だし。

リアクションで誘わないとバイトが出ない。

ルアーチェンジ。  ぐるぐるXのとある動かし方に凄く反応がいい♪

103.jpg


105.jpg



笹岡氏も極小メタルジグでとある動かし方でバイト連発!!

092.jpg

091.jpg


相変わらずにまわりのアングラーは反応が薄いか極端に釣れているかの2通り

日も高くなり益々状況は悪化

でも、とある動かし方をするとポツリポツリではあるがバイトが出る。

このような状況が続いたが、夕方も迫りバイト数が増えてきた。

124.jpg


しかし・・・しかしである。  やっとバイトが出した夕方4時・・・終了の合図が・・・

こっ、これからなのに・・・

い、いかん冷静に判断せねば(^^)

この実験で分かった事は・・・

実際に日の下でソリッドティップの挙動を見ると、バイトがあっても手先に伝わらないうちにティップが入ってることが良く分かった。

手の反射神経や感度には自信があっただけに・・・めちゃめちゃショック

これはうす暗い常夜灯の下や暗いテトラ帯、真っ暗闇な小磯ではバイトがわからないよ・・・

掛けて獲るコンセプトだとソリッドティップでバイトがロッドに出てからでは遅いと思われるが・・・

でも、チューブラーではバイトを弾いてしまっているのかも知れない。。。

考えた結果ソリッドティップで軽く乗せといてバイトがロッドに伝わってから掛けにいっても遅合わせにはならないと結論。。。

だがこれで納得できるとは思えない。  チューブラーの感度は?勿論、ロッドのテーパーや、コンセプトでも違ってくるし・・・

またまた先の見えない迷宮にはまってしまったw


あと、2ポンドラインは障害物が無ければ意外と切れないのが良く分かった。

わざとドラグもしめ気味にしてソリッドティップの恩恵を受ける実験もしてみたが、流石ソリッド♪難なく曲がりきってくれた。

098.jpg



しかし若干の不安がないわけでも・・・継ぎ目の問題。  オールソリッドだと継ぎ目がないから全体で魚の突然の引きを受け止めてくれるがソリッドティップだと如何しても継ぎ目がある。

余程、安物のロッドでもない限り大丈夫だと思うが・・・(以前、お遊びで安物ロッドを購入して改造。自分好みに仕上げて使用してたら継ぎ目が裂けた)


ソリッドティップはオートマティックな感じもするが、やはり使い手しだいでマニュアルにもなる。
面白い存在。 

今度はチューブラーも試してみるか(^^)。。。

この実験で懐の広い北方マス釣り場に感謝♪

あっ、でもでもワームの使用は駄目ですよ(^^)

勿論、ファミリーにも優しいです。

121.jpg



でも、もう少し放流量を増やしていただければ・・・(^^)



肝心の釣れるとあるメソッドは・・・これを言ったら面白くないので(^^)


ヒントは数十匹釣ったなかで、レインボーは5匹。後はすべてイワナ系でした。


これで分かるかな?(^^)



それはさておき北方マス釣り場。。。
ひじょうにテクニカル。

周りのアングラーを見ていると、極端に釣っている方と全く釣れない方の両極端で、ポツポツ釣れてるアングラーがあまり見受けられなかった。

日が高くなるとバイトは出辛くなるが、インジケーター付きのフライマンさん達は爆ってる(^^)

あと、飛ばしウキ仕掛けにニンフ系を付けてた方達も爆。

楽しい1日でした(^^)

また来よっと~♪




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。