新・木曽三川ローカル鱸師的一魚一会

漆黒の闇に身を潜め、唸る剛竿、風を斬る!今宵も月が呼んでるぜっ・・・。ローカル魂炸裂!お呼びとあらば即参上!! TEAM「The.Spring.Tide」公式ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近。。。というか毎年めっちゃ暑すぎませんか???。

皆さん釣り場での熱中症に気をつけてくださいね。

なんていいつつ、体調不良で駄目駄目な水間です。

何せ左足が痛い。

過去にバイク事故してるのでその影響か、整体の先生には「ボロボロですね。」が合言葉のようになってるけどwww。

歩く度に激痛がはしるので釣り場に行くだけでも一苦労。

痛風でも無いみたいだし。。。謎の激痛。

日にちが迫って来てたので「早く治れ」と焦ってたけど、痛みがとれてきたので楽しめました♪。

そう。ラッティーツイスター主催・スネークヘッドコンペ2008に参加してきました。

何と160人程の参加者。これだけの雷魚マンがいたとは驚きました!

雷魚全盛時代をリアルに生きてきた僕ですが、今の雷魚マンはオシャレでカッコよろし!な方が多かったです。TATOOの比率も多かったw。

色んなジャンルの釣りあれど、一種独特な雷魚の世界。ローカルルールも厳しいしマナーも厳しい。

っていうか普通の事なんです。

早朝6時位にスタートとなり8ブロックのくじ引きでスタート順が決まってて、なんと僕のブロックはドベ2でした。

今回は娘と参加だったので車を近くに止めれてクーラーをきかせるためにエンジンをかけたまま止めておけるポイントしか回れない。

近くのポイントは既に早出の雷魚マンに入られてるので、一気に10キロ程離れたポイントまで行ってみたものの既に叩かれている最中であった。仕方ないので本流絡みのクリークで3発出したけどバイトミス。

4度目の正直を狙ってると、フロッグの後ろに付いたので慎重にワンアクション♪。

バフッッフォ!!っと音とともにフロッグが消えたのでラインを確認すると手前に緩んでるのでダッシュで後ろに下がりつつリールを超早で巻きスラッグを取ってフォアグリップをしっかり持ち、渾身の力を籠めてガッツツーンと合わせると。

ドババババーン♪。と子雷魚ちゃんが秒殺で水面をすっ飛んできてランディング成功www。

レギュレーションぎりか?。ダッシュでメジャーをあてると48センチ。50センチ以上なので優しくリリース。


10時に終了なので、会場近くのポイントに移動。雷魚マンがそこかしこで釣りしてる中、小さなクリークでそこそこの雷魚を発見!

そーっとフロッグを置きポチャンと落とす。直ぐについた。ワンアクション!。バッフッッ!!!と!!!。

ヨッシャー!リールをグリグリ&ロッドを持ち直すのを同時進行!渾身の力を込め合わせる!!!。

スッコーン♪

すっぽ抜けである。悲しいのである。。。

そろそろ、汗まみれ、泥まみれなので着替えつつ会場に戻る。

釣りしてる最中に今回のコンペに参加してる、いつもお世話になってるサンクチュアリの安藤マネージャーに電話してみたら「駄目ですねー」と言ってたので、そろそろ戻ってるかな?と電話してみたら。。。

「やっちゃいました♪」とw。

マジっすか~!と見に行くと3位につけている。サイズはルアーファンに載ると思うので詳細には書かないが、綺麗な魚体の70クラス。

やっちゃいましたね~!と制限時間まで過ごす♪。

最終的には4位に落ちたが最高の瞬間♪。同じ時間を過ごせた♪。

安藤さん4位①

安藤さん4位②
















雷魚関係のTシャツが目立つ中、一際輝くサンクオリジナル鱒狂Tシャツ。

ナイスである!!!。

その後、超豪華なじゃんけん大会で大盛り上がり!。

ほんと豪華!ロッド数本。リールは3個。フロッグ盛りだくさんだしお米はあるは。。。

来年も開催されれば出場しよっと♪。

何はともあれ、安藤さんおめでとう(祝)。


ここ最近はハズレ無しでそこそこサイズ釣れてるのになぁ。。。

大会って恐ろしい。。。

暑い日1
暑い日2


暑い日3
暑い日4

夏




















ROD-ハネダクラフト・RT78・若竹。

REEL-アブ6500C・スネークヘッドJAPAN

LINE-ラッティーツイスターPE8号

LURE-ラッティーツイスター・セサミ・バップ。






雷魚コンペに出場する前に記事したい題材があったのだけれど、コンペが終わってますます思うようになってきた。

ルアーで釣りをするってこと。ゲームフィッシングとは?。

このブログはリンクに張ってある旧木曽三川ローカル鱸師的一魚一会の流れを汲むブログである。

魚を釣りました。どうです凄いでしょう。ルアーはこれです。ポイントはここです。ってブログを見たい方にはとっつき辛いブログだけれど、他のブログには無い個性のあるブログ作りを目指しています。

まぁ、釣り場が載ってて魚の写真がバーンと出て仕掛けとルアーはこれですよ!ってブログはアクセス数も凄いし人気が出るのもうなずける。

うちとこみたいに、言いたいことは歯に衣を着せずバンバン言ってしまうブログは叩かれるか潰されるのが「おち」だけど今のところ大丈夫みたいwww。

最近は釣り関係のブログも充実してきて数も半端なく多い。うろうろと徘徊しながら見てるとあることに気づいた。

「死んでる魚の写真が多い。」

中には残虐というより釣り人として魚に対する侮辱的写真を載せてるブログもある。

何を考えてるのかわからないけど日に数百人見に来ているからある程度人気のあるブログなのだろう。

旧ブログから何度も言ってるけど、動物愛護の精神からしてみれば釣り人が魚を大事にしてるの?。ちゃんちゃらおかしいよ。針を魚の口に引っ掛けてて優しく逃がす?。それを理解して言うが、スポーツフィッシングとは何か?。


僕個人的には、ポイント争いや独占欲。キャストの仕方。挨拶やゴミのマナーetc。何かの延長を引きずってる気がします。

少し前にROOTSという題で記事を書いたが、何の為にルアーで魚を釣っているのか。

スポーツフィッシングで、ルアーで釣りをしているアングラーと餌師的考えでルアー釣りをしているアングラーとでは考え方なんて違うに決まってるけど、外から見れば全部ルアーマン。

友人には悪いが一例として許可をもらって書かせてもらうけどw。餌師兼ルアーマンの彼は、釣りに出ると、毎回キープが前提。サツキマスだろうがシーバスだろうが餌で釣るよりルアーで釣ったほうが大きいのが釣れるし餌代もかからないと言う。

一緒にハゼ釣りに行くと「めざし」って言いながら串刺しにして遊んでみたり、フグやゼンメ等が釣れたら足で踏みながら写真を撮り送信してくる。

スポーツフィッシング的スタンスでルアーフィッシングしてる僕には到底理解に苦しむが、彼的には雑魚が釣れたら、また餌に食いつかないように堤防に放置か踏みつけるのが良いらしい。

確かに一昔前の長良川・揖斐川の河口や木曽川河口に架かる橋上では歩道は当たり前で車道にまでウグイやニゴイ・エイなどが捨てられていた。

今現在でも堤防や橋の車道を走っていると、外道の死骸が数多く捨てられている。それだけではなく餌のパッケージやらペットボトルやら。。。

シーバスを夜狙ってると、穂先につける発光する物体もよく流れてくる。

ここまで書いて何が言いたいのかは解ると思うけど、あえて書こう。

マナーが出来てて魚にもある程度やさしい見本となるルアーアングラーと、釣れた魚を足で踏みつけながら平気で写真を送ってくる友人も外から見れば同じ「釣り人」なのです。

僕はルアーフィッシングが主だけど餌釣りも大好きなので良くウナギ釣りやキス釣りも行くけど、ゴミを捨てる気にはならないし、小さな魚や釣れ過ぎるとリリースするし、外道もリリースする。これはスポーツ的ルアーフィッシングのモラルが生きてるのだと思います。

何だか餌師の方々を責めたり差別してるような書き方をしてるつもりはないのだけれど読みなおしてるとそんな気がしてきた。

最終的には個人個人のモラルが問われるだけの話しなのだけれど。。。

この友人は大人なので話しが理解できる筈だから根気よくスポーツアングラーとして洗脳していってますwww。

モラルが大切なのは当たり前なのです。大人のマナーなのです。

長良川や木曽川の堤防をのんびりと自転車で走ってると始めは良いのですが、途中からムカついてきます。

雷魚ポイントはほんとムカつきます!!!。

ゴミ捨てるな!


何だか悲しくなった来た。。。

悲しさついでにもう一著。

サンクチュアリでルール違反を良く見かける。「スピニングフライ」良く釣れます。釣れ過ぎてます。でも使っちゃ駄目よ。

真面目に釣りしてる僕らは見てて白けちゃいます。

斜めキャストも勘弁してほしいです。

ただでさえ岩の隙間を通してるのでキャストコースが少ないのに斜めに投げたらオマツリしてしまいます。

先日も・・・。

次、斜めキャストしてきてオマツリしたらライン切ったる!!!って笹岡氏が言っておりましたwww。

さて、寝ようかな。

眠いなぁ。と思ったら2:30近いではないか。

それでは皆さん。おやすみなさいzzz。

っていうか皆、寝てるね。。。













スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。